【用語】新型コロナで試される「テレワーク」と「在宅勤務」の理解

新型コロナウイルス感染症対策として、東京都の小池都知事が呼びかける「在宅勤務」。
在宅勤務が浸透するなかで、「テレワーク」という用語と混同しがちではありませんか?意味を理解し、顧客との雑談、提案・プレゼンなどのビジネスシーンにしっかりと役立てていきましょう。




テレワークとは

テレワークは、「Tele=遠い」と「Work=働く」を組み合わせた造語です。ウェブ会議ツールをはじめとしたICT技術を活用し、自宅やカフェなどの勤務先以外で働く。場所や時間にとらわれない、柔軟な働き方を意味しています。



働く場所が違う!テレワークは3つに分けられる

テレワークは、下記1~3を総称した用語です。
1. 自宅で、パソコンなどを利用して働く「在宅勤務」
2. 勤務先が定めた本社や支社以外の施設で、パソコンなどを利用して働く「サテライトオフィス勤務」
3. 訪問先や移動中に選択した場所で、パソコンやスマートフォンなどを利用して働く「モバイルワーク」



よくやるノマドは、モバイルワークに該当

テレワークのなかで経験者が最も多いとされている、「モバイルワーク」。訪問先、移動中の車内、喫茶店、図書館、出張先のホテルなど、自宅とサテライトオフィス以外で勤務した場合は、モバイルワークに該当します。



いまの在宅勤務は、テレワークではない

新型コロナ感染症対策として導入・実施されたテレワークは、“STAY HOME”が目的です。そのため、サテライトオフィス勤務やモバイルワークではなく、「在宅勤務」を指します。
些細なことですが、『いまテレワーク中~』という表現だと、(喫茶店などの)自宅以外での勤務・働き方も含まれることに。状況に応じて用語を使い分けられると、より素敵なビジネスパーソンになりますね。




<参考情報>

一般財団法人 テレワーク協会「テレワークとは